Skip Navigation to Content

老化色素斑の影響下の斑点とくすみ

大人の夏は「パラパラオールスターズ」ぐらいが ちょうどいい? | 3月 26th-2021 | No Comments
Home ≫ 未分類 ≫

場合によっては、シミとくすみの正確な対応は、古くからの色素沈着したシミのように見えます。しみやくすみは、30歳以上から20歳までの人に見られます。また、老化と呼ばれていますが、若い人にも見られます。それは40歳以上の人々の60%に見られ、成人は数センチメートルに達します。色素斑の老化の原因は、紫外線の蓄積が長引くことによる影響です。言い換えれば、5〜20年前の紫外線への曝露は細胞核を弱め、過剰なメラニン色素沈着は正常です。年齢は直接の原因ではありません。幼い頃から紫外線の影響で日常の仕事やスポーツをしている人や、肌が白くて紫外線に弱い人ができると言われています。紫外線にさらされた顔だけでなく、手や肩の後ろにもシミやくすみが現れることが多いと言われています。顔や体のシミやくすみが増えると、古く見えて実年齢とは異なりますので、対策をお勧めします。紫外線の影響は極力避けられますが、一度暗くなった老化色素斑を完全に取り除くことは困難です。皮膚科や美容整形では、ケミカルピーリングやレーザー照射が可能ですが、肌の種類によっては跡が残る場合がありますので、事前にご相談ください。日々の記憶を通して、染みのないマットな状態の保存につながる将来の啓発。

Leave a Reply

CAPTCHA


error: Content is protected !!