Skip Navigation to Content
Home未分類

水の食事療法で毎日飲むには2〜3リットルの水が必要であると言われています。水の食事療法の開始時に、味のない水だけを飲み続けるのは苦痛かもしれません。味のない飲み物は最初は辛いかもしれませんが、慣れてくるとジュースやコーヒーの味が強すぎます。水しか飲めない環境は、最初はかなり辛いです。水を飲みすぎると血中濃度がある程度下がるので、脳は水を飲まないようにという警告信号を出すと言う人もいます。水を飲みすぎると胃腸の機能が低下する可能性があるため、水が多すぎると危険です。やりすぎると、水分を過剰に摂取することで、食べる量が減り、体力が低下し、ダイエットができなくなります。割り当てを設定せずにできるだけ多くの水を意識的に飲み、飲めない日に無理やり飲むことで、水にやさしい食事を追求することができます。尿の色が淡黄色になる水分量を目指して、水の消費量を目指します。尿の色が淡黄色の場合は、水分が不足しています。ペットボトルが水で満たされた場所や背の高いグラスが水で満たされた場所に水を保つことも、水環境を継続する方法です。自然に水を飲むので、水環境を知らなくても気づいたらかなりの量の水を飲むことができます。スピアージェ

Comments are closed.
error: Content is protected !!