Skip Navigation to Content
Home未分類

住宅ローンは、破産は軽微ではありません。それは生きている音声の生活の中で最大のショッピングになります。家を購入することは大きな夢です。これは劣らず熱心に、プールのお金、購入する家に、私は購入の段階で、小遣いの全額を支払うことができ、多くの人が考えていない人ではありません。自己資金だけではなく、賃金よりも住宅の価格は、ほとんどの人の金融機関が住宅のために行うためにローンを使用しています。あなたが金融機関から融資を受ける場合は、カードローンなどの融資は、小規模融資額、それが起こるのだろう、すべての資金調達でのテストと呼ばれるまで、融資額は、大規模な住宅購入ローンです。場合は、自己破産の履歴が記録を残したとき、テストはほぼ確実に不可能であろう。そして、あなたが監査を通過し、融資を受けているではありません。でも自己破産の記録は、10年だったので、住宅ローンを設定する場合は10年間で、我々は静かにされている必要があります。キャッシング会社が返済の意志と能力を持つ人を識別するために融資をしようとしています。返さない人に貸すためにお金ではありません。過去に非返済に陥っている人を確保するために、我々の返済として、顧客の金融会社を受信するには、鬼門です。家が破産の時間に属している場合なら、それは処分され、返済専用にする必要があります。でも、住宅ローンの返済における自己破産すれば、それが行くように家です。お金が通常のオークションを介して行われた後、それが融資した他の当事者に配布されます。

Leave a Reply

CAPTCHA


error: Content is protected !!